熱中症対策グッズや食べ物は?塩と砂糖でドリンクの作り方!!

暑い夏の日には、熱中症のリスクが、

常に付きまとうもの・・・。

そこで今回は、

  • 熱中症対策グッズや食べ物
  • 熱中症対策に塩と砂糖でドリンクを作る方法

これらについて、書いていきます。

スポンサーリンク

熱中症対策グッズや食べ物は?

熱中症対策_食べ物

まず、熱中症対策に効果的な食べ物は、

どのようなものがあるのでしょうか?

調べてみると、抗酸化作用を持つ食材や、

疲労回復に効く食材を摂取すると、

良いようですね。

抗酸化作用を持つ食材は、

紫外線を浴びると発生してしまう活性酸素から、

体を守ってくれる役割があります。

そうすることで、

活性酸素の影響で疲れやすくなるのを、

防いでくれるのです。

具体的には、

ビタミンCなどが含まれている食材です。

例えば、スイカやにんじん、

モロヘイヤ、アーモンド、柿、トマト

と言った食材です。

また、疲労回復に効果的な食材と言っても、

分かりづらいかと思います。

具体的には、夏バテにならないための食材で、

ビタミンB1などが含まれている食材のことです。

例えば、豚肉やレモン、イチゴ、きなこ

などです。

レモンやイチゴは、

ビタミンCも含まれていますね。

さて、熱中症対策グッズについても調べたところ、

多様なものがあるようですね。

特に人気なのは、首に巻くタイプの、

ひんやりスカーフです。

また、従来の扇子なども、

夏の定番グッズとして、人気が高いです。

中には、熱中症対策のベストがあるようで、

意外と買っている人も多いようです(笑)

通販店を見て、

オススメのグッズを探してみるのも、

良いかもしれませんね。

アマゾンの熱中症対策グッズはこちら!

楽天の熱中症対策グッズはこちら!

スポンサーリンク

塩と砂糖で熱中症対策ドリンクの作り方!!

熱中症対策_飲み物

熱中症対策は、食事だけではなく、

飲み物にも気を配ってみましょう。

吸水性を考えると、塩分のあるスポーツドリンクが、

一番効果的です。

なんですが、お家でも簡単に、

塩と砂糖を使ったドリンクが作れるんですね。

材料は

  • 水1リットル
  • 塩3グラム(小さじ2分の1)
  • 砂糖40グラム(大さじ4と2分の1)

これらを混ぜるです。

意外と簡単ですよね(笑)

お好みでレモンを加えると、

更に飲みやすくなります。

ちなみにこれは、

経口補水液(ORS:Oral Rehydration Solution)と言います。

市販されているものでは、所ジョージさんが出ている

「経口補水液OS-1」がありますよね。


このOS-1は、厚生労働省も認めた、

熱中症対策用のドリンクです。

聞くところによると、このOS-1は、

売り切れ続出しているそうな。

それだけ国民全体が、

熱中症対策に、敏感になっているようです。

→経口補水液OS-1はこちら!

ただし、これは意外と知られていないことなのですが、

塩分は通常のスポーツドリンクの、

約2.5倍~4倍ほどあるので、飲み過ぎは厳禁です。

OS-1のサイトを見ると、

1日の摂取量も決まっているようです。

よって、こまめな水分補給では、

OS-1よりも、ポカリスエットなどのスポーツドリンクの方が、

適しているということです。

→ポカリスエットはこちら

夏も近づいてきた頃ですから、

熱中症対策を万全にして、

暑い夏を乗り切りましょうね。

スポンサーリンク

コメントを残す