安納芋の収穫時期や値段は?

安納芋

あなたは、安納芋という芋を、

ご存知でしょうか?

かくいう私自身は、

これを書く前まで知りませんでしたが^^;

というわけで今回は安納芋を知らない人のために、

  • 安納芋とは?
  • 安納芋の収穫時期はいつ?
  • 安納芋の値段はいくら?

について、詳しく調べてまとめてみました!

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

安納芋とは?

安納芋は、種子島が特産の「さつまいも」のこと。

一般的なさつまいもと違い、

安納芋は、表面の皮が赤色をしています。

その表面の皮の色から、

『安納紅(あんのうべに)』と呼ばれることもあります。

安納芋を育てていると、

まれに表面の皮が白くなるものもあります。

この皮の白い安納芋のことを、

「安納こがね」と呼びます。

安納芋、安納こがねの特徴は、

どちらも水分が多く、

焼くとねっとりとした食感であることです。

また、安納芋に含まれるショ糖が、

一般的なさつまいもと比べて多いため、甘いです。

その糖度は、生の状態で16度前後。

焼くと40度前後になるそうです。

糖度16度の甘さというのは、

ピンと来ないかもしれませんね。

例えると、メロンの糖度が12度~18度。

ぶどうの糖度が、17度程度と言われていますから、

フルーツと同程度の甘さだということが、わかります。

また、糖度40度ともなると、

低糖度のジャムに匹敵する甘さです。

ここで、

「じゃあ安納芋と安納こがねの違いとは何なの?」

と、気になったのではないでしょうか?

安納芋と安納こがねの違いについては、

一般的に安納こがねの方が、やや上品な甘みである

と言われています。

スポンサーリンク

安納芋の収穫時期はいつ?

安納芋は、5月~6月に植えつけ始めます。

そして、だいたい120日前後経過した頃に、

収穫を始めます。

なので、安納芋の収穫時期は、9月から11月です。

もちろん、その年の気候によっても変化しますので、

一概には言えませんが。

そのために「安納芋を収穫してもいいのか?」

収穫時期の見分け方についても、

知っておく必要があります。

収穫時期の見分け方ですが、

これは安納芋の葉が、黄色くなってきたら、

収穫時期と判断していいでしょう。

また、安納芋は収穫後、

2~3週間経ってから食べ頃を迎えます。

なので、食べ頃の時期は、

収穫時期より2~3週間程度、

後にずれ込みます。

安納芋の値段はいくら?

さて、これだけ糖度の甘い安納芋。

値段はいくらぐらいなのでしょうか?

一般的な安納芋の値段は、

1kgあたり700円前後。

訳あり等の理由がある安納芋だと、若干安くなりますし、

こだわっているところだと、1kgあたり1000円以上します。

安納芋については、ネット通販が発展しているので、

興味があればぜひ買ってみて、

実際に食べてみると良いでしょう。

→Amazonで安納芋について調べてみる

→楽天で安納芋について調べてみる

スポンサーリンク

コメントを残す