錦秋の秋の意味や読み方は?錦秋の候の時期はいつ?

錦秋の秋ですね。

 

・・・とは書いてみたものの、

錦秋の秋の意味とか、

時期はいつからいつまでなのでしょうか?

 

今回は、

  • 錦秋の秋の意味は?
  • 錦秋の秋の読み方は?
  • 錦秋の候の時期はいつ?

について、私自身、今まで知りませんでしたので、

調べてまとめてみました。

 

錦秋の秋の意味は?

錦秋の秋とは、どういう意味なのでしょうか?

 

大辞林の意味によると、

紅葉が錦のように色鮮やかな秋のこと。

を意味するようです。

 

なるほど、この意味から連想すると、

言葉の情景が浮かんできますね。

 

ちなみに「錦秋」という言葉は季語ですので、

手紙などで「錦秋の候」と使われます。

 

 

 

錦秋の秋の読み方は?

錦秋の秋の読み方は「きんしゅう」です。

 

ちなみに、錦秋の候は、

「きんしゅうのこう」と読みます。

 

候は、気候という意味ですので、

それさえ覚えておけば、

「これは気候のことを言ってるんだなー。」

と、意味で覚えることが出来ます。

 

 

錦秋の候の時期はいつ?

 

錦秋の秋は、主に10月~11月頃に使用します。

 

一般的に紅葉といえば、

その時期ですからね。

 

ただし、厳密に言えば、

錦秋の意味は

「紅葉が錦のように色鮮やかな秋のこと。」

ですから、

葉が色づく頃に使用するのが、適切です。

 

 

逆に「紅葉の時期はいつなのか?」

を想像すれば、忘れることはないでしょう。

 

 

手紙に使用する際は、

「錦秋の候、皆様、いかがお過ごしでしょうか?」

という風に、使用します。

 

その他錦秋にまつわる雑学

「きんしゅう」と打っても、

錦秋が出てこない。

 

お陰で毎度コピー&ペーストを強いられました^^;

 

 

その代わり、錦繍が先に出てきます。

 

大辞泉によると、錦繍とは、

(にしき)と、刺繍(ししゅう)を施した織物。
美しい織物・衣服。「―を身にまとう」
美しい紅葉や花のたとえ。「―の山々」
美しい字句や文章のたとえ。「―を重ねた文章」

 

という意味だそうです。

 

意味は近いのですが、

季節の単語としては「錦秋」が正しいようです。

 

 

また、似た言葉で「金秋」という言葉があります。

 

この「金秋」は、

一般的に秋を表現する言葉なのだとか。

 

金秋の金は、五行の金が、

季節において秋に当たることから、

「金秋」となったようです。

 

ただし、

一般的に使用するのは「錦秋」です。

 

どちらかというと、金秋は、俳句の季語として、

よく使用されます。