初冬の候の読み方は?時期はいつからいつまで?

秋も終わりに近づいて参りましたね。

 

現在は初冬に当たる時期となりますが、

あなたはいかがお過しでしょうか?

 

ところで、初冬について、

いつからいつまで使用するのが、正しいのでしょうか?

 

今回はそんな疑問について、書いていきます。

 

初冬とは?

初冬とは、この文字の通り、

冬の始まりのことを指します。

 

初冬の意味についても調べてみましたが、

これ以外のことは書かれていませんね。

 

陰暦の10月の異称であり、

そのときは孟冬(もうとう)と、

呼ばれていました。

 

こちらは現在でも使われていますが、

やや古風な表現となります。

 

初冬の候の読み方は?

初冬の候の読み方の前に、

まず“初冬”についての読み方を、
書いていきます。

 

 

初冬は、「しょとう」と読みます。

 

また、「はつふゆ」と訓読みで読んでも、

間違いありません。

 

 

さて、次に初冬の候について。

 

初冬の候は、

季語としても用いることが出来る言葉です。

 

 

手紙の冒頭に、初冬の候と使うと、

便利ですね。
初冬の候の読み方は、
「しょとうのこう」です。
ちなみに、初冬の候は「はつふゆのこう」とは、

読みません。

また、“候”の字は「しょとうのそうろう」とも、

読みません。

 

 

この“候”の字が表す意味は、

気候のことだからです。

 

冬の初めの季節と捉えると、

意味も覚えやすいですね。

 

初冬の候の時期はいつからいつまで?

初冬の候の時期は、

いつからなのでしょうか?

 

調べてみると、11月から12月に使うことが、

多いようです。

 

更に調べてみると。

 

 

 

冬の始まりを表す“立冬”と呼ばれる時期は、

11月7日頃からです。

 

また、冬至に入る前に

「大雪」という季節があります。

 

こちらは冬の本格的な到来を示すため、

「冬の初め」とは、

ニュアンスが異なる気がしますね。

 

 

大雪は12月7日からなので、

立冬と大雪を合わせると。

 

 

 

11月7日~12月7日の間を、

初冬もしくは初冬の候と、
表現するのではないでしょうか?

 

ちょうど、今頃の時期が使いどきなので、

これを機に、手紙に使ってみてはいかがでしょうか?