小春日和の時期と意味は?

季語

知らず知らずのうちによく使っている単語に、

小春日和というものがあります。

 

しかし、もしかするとあなたは、

小春日和」について、

間違った使い方をしているかもしれません。

 

(正しく使っている場合は、

先に謝っておきます、ごめんなさいm(_ _)m)

 

実際、多くの日本人が、

小春日和を間違って使っています。

 

というわけで今回は、

小春日和の時期と意味について、

詳しく書いていきます。

 

小春日和の意味

まずは、小春日和の意味ですね。

 

小春日和の意味とは、

小春には、「春のような穏やかで温かい日が続くこと。」

という意味が込められています。

 

 

日和というのも同様で、

「日が和むこと」を指します。

 

つまり、簡単に言ってしまうと、

春のような穏やかな天気ってことです。

 

小春日和の時期はいつ?

ここで“春のような”という文脈が、

ミソだったりします。

 

そう。

 

小春日和とは、そもそも春ではない。

ということなんですね。

 

というわけで、

「じゃあいつ使うんだよ!!」って、

話になると思うのですが。

 

 

 

これは、晩秋から初春にかけて、

暖かくなり始めた頃に使う単語のことです。

 

さて、ここで出てきた晩秋については、

11月から12月始めについてのことを指します。

 

また、初春は、1月から2月半ばまでのことを、

指すのです。

 

 

 

と、恐らく多くの人は、

小春日和を冬から春にかけて使うと思っていますが。

 

 

実は、11月~12月にも

“小春日和”という単語は使用できるのです。

 

 

 

さて、これで春には「小春日和」を使用しないことが、

分かったと思うのですが。

 

 

「じゃあ、春には何ていうのか?」

というと、同様の意味を持った言葉に、

「春日和」という言葉があります。

 

これは、春の穏やかな天気のことですね。

 

そしてこれは、春に使用する単語です。

 

 

 

ちなみに、春の天気は不安定で、

長続きしないのが特徴です。

 

なので、わざわざ日が和むと、

「今日は春日和ですね。」

なんて使用したりするわけです(笑)

 

 

三寒四温という言葉がある通り、

小春日和も同様ですね。

 

というわけで、今日から温かい日が出てきたら、

早速「今日は小春日和ですね。」と、

使ってみてください(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました