花粉症に効くヨーグルトの量や期間・種類は?

私達の身近な食べ物として、

ヨーグルトがあります。

 

しかも、このヨーグルト

 

最近では花粉症に効く!」と、

言われるようになってきましたよね。

 

 

そこで今回は、

  • 花粉症に効くヨーグルトには種類があった!?
  • 花粉症に効くヨーグルトの量は?
  • 花粉症に効くヨーグルトの摂取する期間はどの位?

 

と言った話題について、書いていきます。

ヨーグルトが花粉症に効く理由

ヨーグルトが花粉症に効くというのは、

理由があります。

 

まず、ヨーグルトに含まれている乳酸菌が、

腸内で働くことにより、腸内環境が改善されます。

 

これは、誰しもが知っている事実かと思います。

 

次に、腸内環境が改善されることによって、

免疫機能が回復します。

 

 

この、免疫機能が回復するのが重要です。

 

実は、免疫機能が回復すると、

アレルギー反応が緩和され、

結果的に、花粉症が抑えられるのです。

 

花粉症に効くヨーグルトには種類があった!?

ところで、花粉症に効くヨーグルトには、

種類があることを、ご存知でしょうか?

 

 

今はよく

「花粉症にはヨーグルトが効く」

と言われていますが。

 

この言葉だけを鵜呑みにすると、

「花粉症には関係のないヨーグルトを買ってしまう場合」があって、

注意が必要です。

 

よく言う

「ヨーグルト買って食べたけど花粉症には効果なかった」

というのは、このせいかもしれませんね。

 

 

では、ヨーグルトにどういった菌が入っていれば、

花粉症が抑えられるのでしょうか?

 

調べてみると、結構な種類があったので、

ここでは代表的なのをまとめてみます。

 

  • フェカリス菌
  • L-55乳酸菌
  • LGG乳酸菌
  • LG21乳酸菌
  • ビフィズス菌LKM512
  • ビフィズス菌BB536

 

個人的に身近な人に薦めてみて、

効果があったヨーグルトは、

明治LG21ヨーグルトでした。

 

これには「LG21乳酸菌」が含まれていて、

腸内環境を整え、アレルギー症状にも効果があります。

 

 

次に、

「毎日継続するの面倒くさい!」という人には、

meiji-R1ヨーグルトがオススメ。

 

こちらは飲むヨーグルトなんですが、

1073R-1乳酸菌が、花粉症に効果アリです。

 

R-1乳酸菌は、がんや感染症の予防にも注目されている、

NK細胞を活性化させてくれます。

 

このNK細胞が活性化することにより、

花粉症に対する免疫力も、高くなるというわけです。

 

 

 

他にも、TBSの『はなまるマーケット』

で紹介されていたこの辺りのヨーグルトは、

基本的に効果があるようです。

花粉症に効くヨーグルトの種類は?

 

試したのはLG21ヨーグルトと、R-1ヨーグルトだけでしたが、

参考までにどうぞ。

 

花粉症に効果的なヨーグルトの量は?

では、花粉症に効果的なヨーグルトの量は、

どのくらいなのでしょうか?

 

花粉症に効果的なヨーグルトの量は、

100g~200g程度。

 

飲むヨーグルトであれば、

ちょうど1本分で100グラムは超えますね。

 

食べるとなると、結構量が多いので、

継続するとなると飽きるかもしれませんが。。

 

 

 

その点、飲むヨーグルトなら安心ですね^^

 

花粉症に効くヨーグルトの摂取する期間はどの位?

ヨーグルトをもって花粉症を抑えたいのであれば、

少なくとも症状が出ると予想される2週間前から、

開始することをオススメします。

 

 

出来れば1ヶ月前から開始すると、

効果が期待できます。

 

また、食べるのは食後が効果的です。

 

理由は、胃酸で乳酸菌がやられてしまうため、

胃酸が薄まった食後の時が、

腸にダイレクトに届きやすいからです。

 

 

そして、ヨーグルトは摂取量ではなく、

毎日、継続して取ることが重要になってきます。

 

 

1ヶ月もヨーグルトを取るのは苦痛かもしれませんが、

花粉症の辛さから比べると…。

 

継続は力なりなので、

ぜひ、チャレンジしてみてください!

 

 

 

いかがでしたか?

 

花粉症でヨーグルトを抑えるには、

意外と注意しなければならない項目が、

いくつもありましたね。

 

その点を改善してみて、

ぜひ、花粉症とはおさらばする人生を、

歩んでみてください!

 

 

花粉症の治療について、こちらの記事もどうでしょうか?