お守りの処分の仕方や時期は?神社とお寺で違うの?

受験や厄払い等、多くの人が手にするお守り。

 

しかし、お守りを手に入れるのは良いのですが、

次第に溜まっていくお守りの数々。

 

お守りを束ねておいておくのも正直、

大丈夫なものかと不安になるものですよね。

 

そうは思いつつも、

仕方なく「お守りを束ねて置いてる」というご家庭も、

多いのではないでしょうか?

 

というわけで今回は、

  • お守りの処分の仕方について
  • お守りを処分するのに郵送で送っても大丈夫?

という2点について、書いていきます!

お守りの処分する時期はいつ頃?

よく「お守りは1年経つと効果が無くなる」

と、聞きますよね。

 

では、実際にお守りを処分する時期は、

いつ頃が目安となるのでしょうか?

 

お守りを処分する時期の目安としては、

大まかに2パターンに分類することが出来ます。

 

  1. お守りを持ってから1年が経過した
  2. 合格や安産祈願の場合、受験や出産が終わった後

 

調べてみたところ、

お守りは1年でピタリと効果がなくなるわけではありません。

 

しかし、お守り自体が持っている人の悪い気を取り込むため、

1年もすれば効果が薄れてくる、ということです。

 

なので、1年が経過したら古いお守りを返す際に、

新しいお守りを頂いて、帰りましょう。

 

お守りの処分の仕方は?

まず、お守りと言っても、

2種類のお守りがあるのを、あなたはご存知でしょうか?

(と言いつつ、私も知らなかったのですが 苦笑)

 

  1. 神社で貰ったお守り
  2. お寺で貰ったお守り

この2種類のお守りです。

 

なぜ、いきなりこのようなことを書いたかというと。

 

実はお守りをお焚き上げしてもらうにあたって、

神社とお寺でお焚き上げする場所が違ってくるのです。

 

持ってるお守りが神社かお寺かわからない場合は?

なぜ、お焚きあげする場所が異なるのかというと、

神社とお寺で祀っているものが、異なるからです。

 

神社とお寺の簡単な違いは、

  • 神社では神様を祀り、
  • お寺では仏様を祀っている

この点が異なります。

 

しかし、お友達や両親、

おじいちゃんおばあちゃんからもらったお守りなど、

貰った場合はどうすればいいのか、

困りますよね^^;

 

そんなときは簡単な見分け方があります。

神社でもらったお守りは

『〇〇神社、〇〇大社、〇〇神宮』と書かれています。

 

それに対し、お寺で貰ったお守りは、

『〇〇寺、〇〇寺院』と書かれているのです。

 

お守りには必ず、

貰った場所の神社やお寺の名前が明記されていますので、

それを見れば、一目瞭然です。

 

お守りの処分の仕方は神社とお寺で違うのか?

ところで、お守りの処分の仕方は、

神社やお寺で違うのでしょうか?

 

調べてみたところ、神社とお寺で違いはありません。

 

ただし、礼儀を重んじる場合は、

お焚き上げするにあたって、1つだけ違いがあります。

 

それは、神社のお守りの場合は、

別の神社でお焚き上げしても構いませんが、

お寺のお守りの場合は、

頂いた寺院に納めることが、礼儀とされているようです。

 

この点に注意して、

お守りをお焚きあげしてもらいましょう。

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

→お守りを処分するのに掛かる金額は?郵送で送っても大丈夫?