コーヒーをカフェインだけを薄める2つの方法!!【美味しい】

前回の記事では、

コーヒーの副作用について、大分反響がありました。

→コーヒー飲み過ぎで腹痛!?吐き気やめまい!?症状について!!

 

とはいえ、

「そんなの関係ねえ!」という具合に、

無類のコーヒー好きも居るはず。

(というか私がそうです 笑)

 

というわけで今回は、

コーヒーのカフェインを薄めて美味しく飲む方法

について、解説していきます。

 

コーヒーからカフェインを薄めるには?

コーヒーからカフェインを薄めるためには、

以下の2種類の方法しかありません。

 

  1. コーヒー自体を薄める
  2. ドリップの段階でカフェイン量を減らす

この2点ですね。

 

コーヒー自体を薄めてカフェイン量を減らす

まず、コーヒー自体を薄める方法について、

こちらは簡単で、コーヒーに牛乳を足したり、

お湯で薄めたりと言った方法。

 

ただ、ブラック好きなら

「そんなの邪道」と一蹴されそうですね^^;

 

胃粘膜を強化してカフェイン対策

蛇足として、胃粘膜を強化する方法もあります。

 

例えば、牛乳屋肉類、豆腐などを摂取することで、

胃粘膜を強化、修復してくれます。

 

特に牛乳の場合、胃酸を中和する働きがあるため、

コーヒーに牛乳はかなり相性が良いようです。

 

コーヒーを飲み過ぎてしまう場合はぜひ、

一緒に摂取してみてはいかがでしょうか?

ドリップの段階でカフェイン量を減らすには?

最後に、コーヒーをドリップする段階で、

カフェインの量を減らす方法があります。

 

その方法とは、

「水出しコーヒー」にすることです。

 

実は、水出しコーヒーは通常のドリップコーヒーと比べて、

カフェインの量が少なくなります。

 

しかも、水出しコーヒーを作るのに、

特に専門用具が必要なわけではありません。

 

なので、自宅でも簡単に水出しコーヒーを、

淹れることが出来るのです。

水出しコーヒーを作るには、以下のものが必要となります。

 

 

  • 極深煎りコーヒー
  •  1 ℓ容器 × 2
  • ドリッパー
  • フィルター
  • スプーンやマドラーといった混ぜるもの

 

実際に水出しコーヒーを作成するには、

こちらの動画が参考になります。

こちらの動画見ながら、実践してみてくださいね^^

 

まとめ

というわけで今回は、

コーヒーのカフェインを薄める方法について、

実際に書いていきました。

 

やはり個人的なオススメは、

水出しコーヒーを淹れることですね。

 

実際に私自身も飲んでみたのですが、

ものすごく美味しかったです(笑)

 

ぜひ、試してみてくださいね^^

 

コーヒーに関する記事について、以下の記事も多く読まれていますよ。