敬老の日の献立で特養と病院の違いは?

あなたは、敬老の日の献立で、

「良い食事が出ない」と不満を抱えていませんか?

 

今回は、そんな敬老の日の献立について、

施設と病院との違いなど、色々と調べてみました!

 

敬老の日の病院での献立は?

まず、敬老の日の病院の献立について、

調べてみました。

 

病院と聞くと、

なんだか質素な食事をイメージしますよね。

 

しかし、

実際に病院での敬老の日の献立を見てみると、

意外と豪華なことが分かりました。

 

例えば、ある病院では、

ホタテのステーキやエビフライ、

赤飯を加えた食事が献立として出されていました。

 

これは結構豪華ですよね。

 

 

また、別の病院では、

にんじんの紅葉揚げや焼きナス、

栗の入ったお赤飯など、コチラも豪華な一品です。

 

更に、一番豪華だと感じた病院では、

敬老の日に天ぷらや栗の入ったお赤飯、

ほうれん草と菊のわさび和えなど。

もはや病院とは思えないほど、豪華な食事が出てきていました。

 

このように、病院の献立と一口で言っても、

意外と敬老の日を楽しむための料理が出される病院も、

現在では多くあるようですね。

 

特養での敬老の日の献立

次に、特養、いわゆる特別養護施設での、

敬老の日の献立について、見ていきました。

 

特別養護施設の食事だけあって、

大分豪華なものが出るかと思いますが、

実際のところどうなのでしょうか?

 

ある特別養護施設での敬老の日の献立は、

お赤飯に鯛の煮付け、茶碗蒸しなど、

これまた豪華な食事が出てきました。

 

 

次に、別の特別養護施設での食事を見てみると、

天ぷらやお刺身、お赤飯にメロンなど、

これまた豪華な食事でした。

 

更に調べてみると、別の特別養護施設では、

うなぎの蒲焼きや中華サラダ、串揚げなど、

かなり豪華な食事でした。

 

やはり、特別養護施設というだけあって、

豪華なだけでなく、栄養面でも、

かなり気を遣っているようですね。

 

 

今回調べた限りでは、

特別養護施設での食事は、病院の食事よりも、

豪華なものが多いということが分かります。

 

とはいえ、病院の食事も、

「質素なものだけ」というわけではありません。

 

現在は、病院でも豪華な食事が出るところは、

多くなっていることが分かりました。