ゲリラ豪雨の原因はヒートアイランド!?

最近よく耳にするようになった「ゲリラ豪雨」という単語。

そもそもゲリラ豪雨とは、どういうものなのでしょうか?

また、ゲリラ豪雨の発生原因は何なのか?

詳しく調べてみることにしました!

 

そもそも、ゲリラ豪雨って?

まず、ゲリラ豪雨について知る必要があるでしょう。

 

ゲリラ豪雨とは、集中的な豪雨がごく狭い範囲で、

突然起こる雨のことを指します。

 

なので、範囲が広く、

少し前から予測できる雨であれば、

ゲリラ豪雨とは言いません。

 

つまり、ゲリラ豪雨は、

突発的で、極めて予測が難しい点が、

特徴なのです。

 

ただし、このゲリラ豪雨という名称は、

あくまでマスコミが言い始めた言葉のため、

正確な言葉ではなかったりします。

 

気象庁では、このゲリラ豪雨という言葉は、

使わないようです。

 

私達からしたら、

「ゲリラ豪雨とは、こういうもの」というのが、

既に頭のなかで想像できる程度に、

浸透してしまっていますので、

ナンセンスかも知れませんが(笑)

 

ゲリラ豪雨の原因とは?

では、ゲリラ豪雨の原因について、

迫ってみました。

 

ゲリラ豪雨の主な原因は、

ヒートアイランド現象が、

原因として挙げられます。

 

「そもそも、ヒートアイランド現象とは何なのか?」

というと、夏場で都心部の気温が、

上昇する現象のことを指します。

 

なぜ、上昇するのかというと、

理由は2つあります。

 

まず、都市部には緑地が少なく、

地表面の温度が上がりやすいためです。

 

特に、都心部では、地表がコンクリートで覆われているので、

熱を放出しやすいですね。

 

また、一般家庭や

ビルに置いてあるエアコンの室外機から、

熱気が放出されています。

 

この地表面の熱と、

熱気が集合することにより、

都心部ではヒートアイランド現象が起こるようです。

 

では、このヒートアイランド現象、

ゲリラ豪雨の発生原因と、

何の関係があるのでしょうか?

 

通常、空気は暖かい空気が上で、

冷たい空気が下にある状態が、正常です。

 

しかし、ヒートアイランド現象により、

下の空気が暖かく、

上の空気が冷たい状態になっています。

 

この気候の異常状態が起きていることが、

前提条件です。

 

次に、この空気の異常な状態の時に、

湿った温かい空気が流れ込み、合流します。

 

すると、上流の空気の気温が低いため、

水蒸気が凝固して、局所的な積乱雲が発生します。

 

この局所的な積乱雲の発生が、

ゲリラ豪雨となって、局所的な大雨を降らすのです。

 

↓こんな感じです↓

ちなみに、ゲリラ豪雨は、

気象学において、そのような用語はありません。

 

そのため、ゲリラ豪雨を気象学的に言うと、

「にわか雨、集中豪雨、落雷」と言った現象に、

相当します。

 

もちろん、天気記号もありません。

ゲリラ豪雨は天気記号で書くと「にわか雨」になります。