鼻のかみすぎで耳が痛い!!治し方はある?

耳がこもる

同しようもない鼻づまり。

イライラしますし、ついつい強く鼻をかんでしまうものです。

 

しかし・・・鼻をかみすぎることで、

耳がのあたりに激痛が。。

 

そんな鼻のかみすぎで耳が痛い場合の治し方について、

今回は書いていきます。

 

鼻のかみすぎで耳が痛い原因は?

治し方に移る前に、

鼻のかみすぎて耳が痛い原因は何なのでしょうか?

 

これには2つの理由がありますので、

順番に説明していきますね。

 

1.中耳炎で耳が痛い

まずは、鼻のかみすぎで中耳炎になる場合。

 

多くの鼻のかみすぎで耳が痛い原因は、この中耳炎です。

 

これは「耳がこもる原因は鼻水をかむことだった!?」でも書きましたが、

 

  1. 鼻を強くかむことで中耳炎になるか。
  2. 鼻を強くかむことで、耳管狭窄症となるか

このどちらかが原因で、耳がこもるのです。

 

が、耳管狭窄症も最終的には、

悪化すると中耳炎に発展するので、今回は一緒くたにして考えていきます。

2.鼓膜が破れて耳が痛い

また、あまりみないケースのようですが、

鼻を強くかむことで、耳にも圧力が掛かります。

 

そこで鼓膜にまで圧力が掛かると、

鼓膜が破けることもあります。

 

この鼓膜が破けることで、耳が痛い場合もあります。

 

鼻のかみすぎで耳が痛い場合の治し方

では、鼻のかみすぎで耳が痛い場合は、

どうすればいいのでしょうか?

 

正直に言うと治し方は

「病院へ行ってください」としか言いようがありません^^;

 

なので、今回お伝えする内容は、

治し方と言うより、応急処置になってしまいますね。

 

病院というと大げさですが、大丈夫。

放っておかなければ、治るものですからね^^

 

病院へ受診するまでの応急処置

まずは、耳に痛みを感じる部分を冷やしてください。

ただし、冷やしすぎると凍傷になるので、

あくまで程々に冷やしてくださいね。

 

また、鎮痛剤を使用して、

耳の痛みを抑えるようにしましょう。

 

お医者さんで処方されるものが良いですが、

どうしてもその場しのぎで乗り越える場合は、

薬局で痛み止めでしのぐ他ありません。

 

ですが、必ず合間を見て、病院へ受診してください。

 

鼻をかむ時は片方ずつ

最後に、予防策を伝えておきますね。

 

次回から鼻をかむ時は、

  • 力を入れすぎず
  • 片方ずつ

かむようにしましょう。

 

なぜ、片方ずつなのか?というと。

 

左右同時にかんでしまうと、

鼻水がむしろ鼻の奥に追い込まれて、

中耳炎になる可能性があるからです。

 

まとめ

今回は鼻のかみすぎで耳が痛い場合の治し方について、

解説してきました。

 

最後に、中耳炎が慢性化して難聴になるのが一番最悪なケースですから、

早めに病院で受診したほうが身のためです。

 

ぜひ、耳が痛いのを我慢したり、誤魔化したりせず、

病院へ受診して適切な処置を施してもらいましょう。

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も多く読まれていますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました