夏風邪の高熱が下がらない!?何日続くの?抗生物質は効かない!?

夏風邪は長引くと、よく言われますが、

高熱が下がらないと、結構心配になります・・・。

 

今回は夏風邪による高熱のことについて、

詳しく調べてみました。

 

夏風邪の高熱が下がらない!?

夏風邪の高熱は、中々下がらないということが、

よく言われているようです。

 

実際に何日ぐらい、高熱が続くのでしょうか?

 

 

調べてみると、高熱が続く日にちは、

病気によって違うのですが、

平均的には4日程度で治ると言われています。

 

ただし、これはあくまで平均なので、

中には5日以上、下がらないこともあるようです。

 

確かに、高熱が5日間も続くと、

さすがに心配になってきますよね(汗)

 

 

夏風邪がしぶとく残る原因として、

体の熱を逃がす行動が挙げられます。

 

例えば、食事で冷たいものを食べたり、

あるいは、お風呂で少しぬるめに設定したりと、

基本的に熱を逃がすような仕組みが、

いたるところに存在します。

 

このことが原因で、

夏風邪がさらに長引く場合も、

多いようです。

 

対策として、体温を下げるような食事を、

出来ればとらないようにしておきたいところです。

また、お風呂も出来れば、

避けておきたいところです。

 

とはいえ、さすがに避け続けるのも難しいですし、

口の中が痛い時には、噛まずに食べれるものが、

いいかと思います。

 

 

また、高熱過ぎたり、高熱が何日も続くようでは、

ある程度セーブする必要があるかと思います。

 

そんな時は、脳の損傷を抑えるために頭や、

体温を下げるため、脇を冷やしてあげることが、

何より得策かと思います。

 

この時、保冷剤などの冷たいものを直接当てると、

かえって逆効果になりますので、

保冷剤を当てる場合は、

タオルをまいて、間接的にあてて下さい。

 

夏風邪の高熱に抗生物質は効かない!?

最後に、抗生物質について、書いていきます。

 

お医者さんに行くと、抗生物質を処方されることも、

多いかと思います。

 

しかしながら、実は抗生物質って、

夏風邪には効果が無いということを、

あなたはご存知でしょうか?

 

というのも、夏風邪の原因は、

ウイルス性の風邪です。

 

しかし、抗生物質は、

ウイルス性の風邪には効きません。

 

実際にお医者さんに聞いてみても、

効かないという答えが返ってくるかと思います。

 

ただ、抗生物質を出すと、

なぜか治りが早くなるのも、確かなようです。

 

これは、どういうことなのか?

 

少し考えてみたのですが、おそらく、

病気を治す=薬を飲むという風潮が、

日本に根強く残っているため、

思い込みで早く治るのではないでしょうか?

 

例えば、医療の常識では、

風邪はウイルス性、細菌の二次感染が無い限り、

抗生物質は意味が無いというのが、通説です。

 

しかし、かといってお医者さんが診察をして、

「夏風邪ですね、しばらく安静にしていて下さい」とだけ、

言った場合、どうなるでしょうか?

 

少なくとも

「あの医者、ろくに診察してくれないし、

薬の処方もしてくれない。

流れ作業のように患者を扱ってる」という風に、

受け取られてしまいます。

 

ひいては、これが原因で、

その病院の悪評が立ち、病院自体の信用も、

失われてしまうのです。

 

しかし、これは裏を返せば

「病院に行ってお医者さんに訊けば、

病気にあった薬が処方される」

という思い込みが、日本人にはあるということです。

 

実際にイギリスなどの国では、

薬を処方をしないことも、珍しくはありません。

 

この思い込みの力で、抗生物質が処方された場合、

本当に治りが早くなるのではないでしょうか?

 

あくまで仮説の話ですが、

実際に抗生物質が効かないのは確かなのです。

 

今回は夏風邪の高熱について、書いていきました。

夏風邪の高熱は長引くので大変でしょうが、

気長に治るのを待つのが、得策です。