お月見の団子の数や団子の盛り方には決まりがある!?

十五夜といえば、月見団子を食べながら、

お月見をする行事ですよね。

 

 

そのため、月見団子を食べることが多いのも、

十五夜の特徴でもあります。

 

しかし、その月見団子には、

その団子の数や盛りつけ方に意味があることを、

あなたはご存知でしょうか?

 

私は、そんなことも気にせず作っていましたので、

人のことを言えませんが(汗)

 

では、これを機に月見団子の数や盛りつけ方について、

覚えていきましょう。

 

お月見の団子の数や団子の盛り方には決まりがある!?

お月見の際に食べる月見団子の数や盛りつけ方には、

それぞれ意味があります。

 

では、それぞれに分けて、

詳しく説明していきます。

 

月見団子の団子の数はいくつ?

まず、月見団子の団子の数ですね。

 

これは、15個が一般的です。

 

理由はそのまま十五夜だからです(笑)

 

また、15個の他にも、幾つか団子の数について、

意見がわかれています。

 

例えば、

  • 1年の満月の数にあわせて12個
  • 15の数を簡略化して5個

 

と言った感じですね。

 

 

ちなみに、十三夜には13個、

あるいは3個の月見団子を供えるようです。

月見団子の盛り方は?

さて、ここまでで月見団子の供える数が、

かなりばらばらになりました^^;

 

  • 15個
  • 13個
  • 12個
  • 5個

 

この4パターンですね。

 

まず、15個の場合は、

  • 1段目に3×3個
  • 2段目に2×2個
  • 3段目に2個

盛り付けるとよいでしょう。

 

13個の場合は、

15この場合とほぼ同じで、

3段目を無くして2段構成にすればOKです。

 

12個の場合は、2段目を3個に。

 

5個の場合は、

  • 1段目に2×2個
  • 2段目に1個

です。

 

こうやって見ていくと、

15個か5個の場合がピラミッド型としては、

綺麗に整って出来ますよね(笑)

 

飾る場所はお月様が見える場所で

最後に、余談ですが飾る場所についても、

説明しますね。

 

といっても、月見団子を飾る場所は、

お月様が見える場所です。

 

これほどわかりやすい説明はありませんね(笑)

 

で、一応形式的に飾るとするならば、

  • 左側にすすきや野菜(天然物)を供え
  • 右側に月見団子(人工物)を供える

と良いとされています。

 

また、三方(さんぽう)という台の上に、

白い紙を載せるのが正しいやり方です。

 

…なのですが、三方は普通の家庭にはないものなので、

お盆やお皿で代替可能です。

 

また、お盆やお皿の上に、

白い紙や半紙などを載せた上に、月見団子を供えましょう。

 

 

以上、月見団子を正しくお供えする方法でした。

 

難しいことはほとんど無いので、

今後お月見をする際にはぜひ、取り入れてみてはいかがでしょうか?