【畳や湿気の多い部屋のカビ掃除に】おすすめの3つの掃除方法!!

年末が近づくに連れて、家の掃除を行うと言う人も多いのではないでしょうか?

 

1年の溜まった汚れを落とすと、気持ちも良いものですし、

新しい年を綺麗になった家で迎えることも出来ます。

 

しかし、普段から掃除をしていても、

家の場所によっては、かなり汚れてしまっていたり、

カビが発生していることもありますよね。

 

このような「いつの間にかついたカビ」を取るには、こんな方法がおすすめです。

 

畳部屋のカビの掃除にはエタノールを使おう!

例えば、ふと気がつくと、畳の一部にカビが出来ていたことはありませんか?

 

特に冬などは、乾燥しやすいため、部屋で加湿器などをフルで使うと言う人も多いですが、

加湿器の種類によっては、水が畳に落ちてしまい、そこにカビが発生してしまう場合も少なくありません。

 

この畳のカビには、消毒用エタノールを霧吹きボトルに入れ、

カビの部分に吹きかけて、いらないブラシなどでこすると良いでしょう。

 

 

また、いきなり水で濡らした雑巾などでカビをゴシゴシするのは、

カビが他の部分にも拡がってしまう恐れもあるため、絶対にNGですよ。

 

トイレやお風呂のカビ掃除にもエタノールが効果的

湿気と言えば、お風呂場やトイレなどは常に水気があるため、

風通しの悪い家だと、薄暗く、ジメジメしてしまうことも少なくありません。

 

そのため、トイレやお風呂場の壁に、カビがうっすらと生えてしまうことも…。

 

このカビにも、畳と同じく、エタノールを利用しましょう。

 

いらない布などにエタノールをつけて、カビを叩くように擦ると良いですが、

しつこいカビの場合には、なかなか落ちない場合もあります。

 

 

そんな時には、調理にも使うお酢を使用するのも良いでしょう。

お酢には殺菌作用があるため、カビにも効果を発揮してくれます。

 

エタノールと同じく、布につけて叩くようにこすりましょう。

 

勿論、カビ専用のカビキラーなども、壁のカビには効果がありますので、

このような専門のカビ取りを使用するのも良いでしょう。

 

なお、カビキラーなどを使用する際には、マスクと手袋、換気を忘れずに行いましょう。

逆性せっけんもカビ取りにはおすすめ!

この他にも、カビに効果を発揮してくれるのが逆性せっけんです。

 

逆性せっけんと言う名前ですが、汚れを落とすものではなく、

菌などに働くせっけんであり、薬局などでは、オスバンSと言う名前で販売されています。

 

このオスバンSを水で薄め、霧吹きボトルでカビに吹き付けたり、

布につけてカビを擦ると、簡単にカビを除去することが出来ます。

 

また、オスバンSは手指の消毒にも使われますので、

出来るだけ安全にカビの掃除をしたいと言う人にもおすすめです。

 

まずは、年末の大掃除の前に、

薬局でオスバンSを数本ほど購入しておくのも良いでしょう。

 

それに、オスバンSは、洗濯の際に少し入れるだけで、衣類の除菌もしてくれますので、

洗濯物の臭いが気になる場合にもおすすめです。