お風呂場やクローゼットに出来たカビを防止・掃除するには?

 

掃除をしていると、

普段は気がつかないところにカビが生えていたりと、

ちょっとしたところが気になるものです。

 

このような出来てしまったカビは、綺麗に除去したいものですが、

まずは、カビの防止をこまめにするのも良いことです。

 

例えば、こんなところのカビには、こんな防止方法を試すのもいかがでしょうか?

 

お風呂場のカビを防止するには?

カビが出来やすいのは、やはりジメジメとした環境です。

 

ジメジメしたカビの出来やすい場所といえば、

真っ先に思い浮かぶのがお風呂場だと思います。

 

カビは、湿気の多いお風呂場の壁には出来やすいものです。

 

最近のお風呂場では、湿気予防のための乾燥機能がついていたりする場合もありますが、

昔ながらの住宅では、通気性なども悪い場合もあり、

お風呂場も湿気が溜まりやすいもの。

 

そのため、普段からこまめに掃除をしていても、

お風呂場の壁や床などに、うっすらとカビが出来ているケースも少なくありません。

 

また、カビは温かいところでも、発生しやすいので、

湿気も温度も良いお風呂場は、カビにとっては良い環境でもあるのです。

 

お風呂場のカビを防止・掃除するには?

このお風呂場のカビには、普段からカビが生えないように、

防止をするのも良いことです。

 

例えば、お風呂場を使用した後は、お湯を抜いて、

換気扇を回すのも、カビの発生を予防してくれます。

 

また、お風呂場のドアを閉めっぱなしにせず、

使わない時は解放しておくのも良いでしょう。

 

ただし、よく言われる「壁にシャワーの水をかけること」は、

湿気の原因にもなりますので、あまりオススメしません。

 

意外にもクローゼットや衣類にもカビが…

カビは意外な場所にも発生することもあります。

 

例を挙げるならば、部屋のクローゼットなども、

カビが発生することも少なくありません。

 

部屋のクローゼットの場合には、

閉め切ってしまうと、湿気などが溜まりやすくなり、

ジメジメとした環境になってしまうため、

カビが出来てしまいやすい環境が整うのです。

 

しかも、クローゼットにカビが出来てしまうと、

中に仕舞ってある衣類などにも、カビがつくこともありますので、

気をつけるようにしましょう。

 

 

クローゼットのカビ防止するには?

まず、クローゼットの中のカビを除去する際には、

カビのついている衣類を出してしまうと、

部屋のあちこちにカビが飛ぶ恐れもありますので、

衣類の取り扱いには注意が必要です。

 

カビ予防には、クローゼットの扉もこまめに開けるようにして、

湿気取りなどを置くようにしましょう。

 

クローゼットに出来たカビの掃除方法

クローゼットに出来てしまったカビには、

消毒用のエタノールや逆性石鹸であるオスバンSなどを

使用するのもおすすめです。

 

いらない布などに、エタノールや逆性石鹸を水で薄めたものを少量つけて、

出来たカビをこすります。

 

衣類についてしまったカビなどの場合には、

上手く取れないこともありますので、

クリーニング屋に持って行くのも良いかと思います。

押し入れにものカビが…掃除をするには?

クローゼット以外にも、ジメジメとした湿気の溜まりやすいところと言えば、

布団などを仕舞う押し入れなどのカビにも要注意です。

 

こちらのカビの場合にも、押し入れに出来てしまうと、

布団やシーツにも付着してしまうことも少なくありません。

 

 

まず、押し入れのカビの防止には、

クローゼットと同じく、襖を開けて、出来るだけ換気をしたり、

湿気取りを置いたりするようにしましょう。

 

押し入れに出来てしまったカビには、クローゼットと同じく、

エタノールなども効果的で良いですが、木材が変色する恐れもあります。

 

押し入れの変色を避けるならば、

住宅用の中性洗剤を利用するのも良い手です。

 

カビを取る方法としては、要らない布に中性洗剤を少量つけて、

叩くようにこすりましょう。

 

 

また、布団にカビがついてしまった場合には、

台所用の中性洗剤を水で薄めたものを、霧吹きボトルに入れてスプレーし、

ウェットティッシュなどで拭き取ると、カビが落ちやすくなります。

 

しかし、中性洗剤だけでは、カビを完全に殺菌することは出来ませんので、

中性洗剤を使用した後は、エタノールなどで除菌をすると良いでしょう。

 

なお、カビを除去する際には、気分が悪くなる場合もありますので、

常に換気をしておくようにしましょう。