ツマアカスズメバチが対馬に!?毒は強い?対オオスズメバチでは?

夏といえば、虫の活動が活発になりますが、

虫といえば怖いが、蜂です。

 

日本ではオオスズメバチが話題になるのですが、

今年はなんとツマアカスズメバチという、

聞きなれない蜂が来ているようです。

 

今回はそんなツマアカスズメバチについて、

調べてみました。

 

ツマアカスズメバチとは?

ツマアカスズメバチとは、インドネシアにある、

ジャワ島出身のスズメバチです。

 

全体的に黒い色をしているのにも関わらず、

お腹の先端が赤みを帯びているため、

「ツマアカ」スズメバチと名付けられました。

 

そんなツマアカスズメバチが、

なぜ、日本に入ってきたのか?というと。

 

ツマアカスズメバチが最初に発見されたのは、

2012年ごろ。

 

どうやら韓国経由で流れてきた可能性が高いようです。

 

現在、環境省は、ツマアカスズメバチに対し、

駆除などの対策に乗り出したそうです。

 

ツマアカスズメバチの毒は?

蜂といえば、やはり気になるのは毒です。

そこで、ツマアカスズメバチの毒についても、

調べてみました。

 

ツマアカスズメバチも、スズメバチの仲間のため、

巣に近づくと攻撃的になり、

毒針で執拗に攻撃してくるのだとか。

怖いですねー(汗)

 

とはいえ、他の蜂より毒性が優れているというわけではなく、

同程度と考えられています。

 

ではなぜ、このツマアカスズメバチは、

現在、日本で環境省が動くほど、

問題視されているのでしょうか?

 

調べたところ、ツマアカスズメバチが日本に来て、

一番問題視されていることは、毒性ではないようです。

 

何が問題なのか?と言うと、

養殖ミツバチの問題です。

 

というのも、このツマアカスズメバチ。

肉食系で、他の昆虫をエサにして食べるのだとか。

 

中でもこのツマアカスズメバチの大好物が、

ミツバチ。

 

なので、ミツバチを見つけたら食べてしまうらしく、

過去に養蜂業者で巣箱が10箱以上、

全滅させられたとの報告もあるそうです。

 

「でも、ニホンミツバチって確か、

オオスズメバチに勝てなかったっけ?」と思ったあなた。

実は、ニホンミツバチでも、

太刀打ち出来ない可能性があるようなのです。

 

というのも、ニホンミツバチは元来、

スズメバチに巣を襲われた時に、集団で敵に群がり、

対抗していく術を持っています。

 

しかし、今回のツマアカスズメバチの場合、

巣の侵入が目的ではなく、

ミツバチを狩ることが目的です。

 

そのため、ニホンミツバチの持っている集団攻撃が、

通用しない可能性もあるのだとか。

 

とはいえ、全く防御しないのか?というと、

そういうわけではありません。

 

ツマアカスズメバチが巣の近くに来たら、

キイロスズメバチと同様に、巣の前で集まって、

守る体制を取るようです。

 

特に対馬では、

こういったニホンミツバチの養殖が盛んなため、

よってきたとしても、

おそらくは大丈夫だとは思いますが・・・。

 

「ニホンミツバチvsツマアカスズメバチ」がどうなるかは、

今後のデータ次第、と言ったところです。

 

ツマアカスズメバチ対オオスズメバチでは?

現在、対馬では、オオスズメバチは居ませんが、

キイロスズメバチなら居ます。

 

なのでまずは、キイロスズメバチとの比較から。

 

キイロスズメバチとツマアカスズメバチ。

どちらが強いのでしょうか?

 

ツマアカスズメバチの体長はおよそ2cm程度。

対する、キイロスズメバチも、2cm程度です。

 

大きさでは五分五分なので、意外と勝負になるかもしれませんが、

ツマアカスズメバチの恐ろしいところは、繁殖スピードです。

 

ヨーロッパでは、過去に1年間で100キロメートル規模で、

拡散したとのデータも有ります。

 

そのことを考えると、やはり繁殖スピードの差から、

キイロスズメバチには分が悪い試合だと思います。

 

では、対馬から外に出た場合、

ツマアカスズメバチとオオスズメバチ。

どちらが生き残るのでしょうか?
オオスズメバチの働き蜂の大きさは、なんと2.7~4.0cm!

大きさではオオスズメバチの方が大きく、

仮定の話では、やや、オオスズメバチの方が有利という意見も。

 

実際に確かめたわけではありませんが、

おそらく、対立した時にオオスズメバチが、

勝つのではないでしょうか?

 

ともすれば、ツマアカスズメバチの繁殖は、

日本のオオスズメバチに、食い止められるということに、

なるでしょう。

 

日本の他の地域に繁殖するかどうかは、

この、オオスズメバチに掛かってるとも言えます。