大学受験の夏休みで失敗したことは?勉強時間はどの位?

大学受験を控えている受験生にとって、

夏休みは、差を埋めるのに絶好の機会です。

 

そこで、今回は

  • 大学受験の夏休みで失敗したことは?
  • 夏休みの勉強時間はどのくらい?

ということについて、書いていきます。

 

夏休みの勉強時間はどのくらい?

大学受験の夏休みでは、

どのくらい勉強すると良いのでしょうか?

 

まずは、勉強時間のことについて、書いていきます。

 

ベネッセ教育情報サイトの調査結果によると、

保護者が満足できる、

夏休みの勉強時間の目安は、なんと11時間!

 

しかし「夏休みは10時間勉強しろ」とは言いますが、

それは本当なのでしょうか?

 

少し考えて見れば分かることなのですが、

逆に何故、夏休みに10時間も、

必死で勉強しているのでしょうか?

 

もしかしたら、受かりたいからなのかもしれませんが、

そういう気持ちがある方なら、

おそらくこの記事は読んでないでしょう(笑)

 

ですが、そうじゃない人も居ます。

 

例えば、今まで勉強をしてこなかった場合などが、

その一例です。

 

そう、夏休みは、焦って勉強するものではなく、

日頃から少しずつ、勉強していくものなんです。

 

なので、夏休みに10時間やらなければならない、

なんてことはないです。

 

少なくとも、3~6時間程度でも、

しっかり取り組んでいれば、それはそれで良いのです。

 

また、10時間以上になってくると、

「勉強してる」という事実に、

喜びを感じる人も居ます。

 

でも、勉強しても、内容が頭に入ってなければ、

長い時間やっても意味がありませんよね?

 

夏休みが受験勉強のピークではありませんし、

その点を踏まえた上で、自分にあった時間数で、

徐々に勉強へ取り組んでくださいね。

 

大学受験の夏休みで失敗したことは?

ここでは、良くありがちな失敗事例について、

書いていきます。

 

まず、よくあるのが、「夏休み」が、

勉強のピークだと思って勉強することです。

 

先程も書きましたが、

受験勉強をするにあたって、夏休みがピークではありません。

 

大学受験では、1月頃にピークを持っていくのが、

理想です。

 

ですが、夏休みの勉強に縛られてしまうと、

それが終わった後の開放感で、

「遊んでしまって受験に失敗してしまった」

なんて人も、いるようです。

 

ただ、逆に「もっと勉強しておけばよかった」と、

のちのち後悔することもあるので、

この辺りはバランスが重要です。

 

夏休みは、あくまで受験日までの通過点なので、

そこをピークに持っていけるように勉強することが、

受験生にとって必要でしょう。

 

もし、あなたが夏休みに勉強できず、

失敗してしまった場合は、

これから巻き返すためにも、

基礎をしっかりと固めておきましょう。

 

また、夏休みはだらだら過ごす人も多いです。

受験勉強の年になっても、

それは往々にしてあるようです。

 

なので、自分でスケジュールを組んで、

ある程度メリハリを付けた方が、

夏休みも有意義に過ごせて、オススメですよ。

 

ちなみに、大学受験について、

こちらの記事も合わせてどうぞ!

→大学受験で夏休みにやることは?やる気を出すには?