虫歯が痛いので寝れない!!ツボや薬など応急処置は?

突然、夜中に虫歯が痛み出して寝れない・・・。

そんな経験はありませんか?

 

私自身も、実際に経験したことがあるのですが、

眠れないし、痛いし、どうしようもないですよね。。

 

そこで今回は、そんな時のために、

応急処置の方法について、書いていきます。

 

虫歯が痛いのを鎮めるツボは?

歯が痛い時に、痛みを抑えるツボがあるそうです。

まずはそのツボから。

 

歯に効くツボとして中指と薬指の間にあるツボが、効果的。

 

この時ツボを押すポイントとして、

揉みほぐすように、少し強めに刺激してください。

これを、左右両方の手で行います。

 

また、親指と人差指の間にあるツボも、

虫歯を和らげるのに効果的です。

 

とはいえ、虫歯がこれで治るわけではありませんし、

痛みが抑えられないこともあります。

 

あくまで、応急処置として使用して下さい。

 

虫歯が痛い時に使用する薬は?

次に、虫歯が痛い時に効果的な薬を紹介します。

 

まず、軽度の虫歯の場合、

正露丸を詰めることで、歯の痛み止めに役立つそうな。

 

というのも、正露丸にはクレオソートという、

歯科医で消毒として使われている成分が、

含まれているからです。

 

しかし、臭いが嫌いな人も多く、

また、軽いの虫歯でしか効果を実感できないため、

あまりオススメ出来る方法ではありません。

 

次に、今治水というものがあります。

 

今治水は、薬局で700円ぐらいで販売していますので、

緊急の場合は薬局でお求めになって下さい。

 

この今治水は、歯に限定した痛み止めの塗り薬です。

 

実際のデータによると、

今治水は、虫歯に塗布した場合、

90%の確率で痛みを鎮める効果があるのだとか。

 

また、今治水の鎮静効果もさることながら、

効果が表れるまでの時間が、

わずか2分と早いのも特徴です。

 

・・・とはいえ、今治水は1時的な痛みを止めるためのものですし、

逆に考えれば、残りの10%には、鎮静効果がない場合も。

 

実際に私がそうでした(汗)

 

そこまで痛みがある虫歯の場合は、

ロキソニンなどの鎮静剤を飲むと、

効果が一番現れやすいかと思います。

 

 

鎮静剤は効果が現れるまでに時間がかかりますが、

それでも一晩寝るまでには、どうにかなります。

 

実際に私がやったのは、今治水を使って、

痛み止めの薬を飲んだだけです。

 

これで、なんとか一晩は眠ることが出来ました。

 

なんとしてでも虫歯の痛みを抑えて、

寝れない状態を乗り切りましょう。

 

最後に。

ここに書かれていることは、あくまで一時的なもの。

 

翌日には歯医者に行って、治療してもらいましょう。

 

そして、これを機に歯医者さんへ通って歯を治療し、

ケアもしっかりとするように心がけてくださいね。