多発性硬化症の予後は?再発までの期間は?

これを読んでいるあなたは、

おそらく多発性硬化症について、

ある程度は知っていることでしょう。

 

今回は、多発性硬化症の簡単な説明と、

  • 予後はどうなるのか?
  • 再発までの期間はどのくらいなのか?

ということについて、調べてみました。

 

多発性硬化症とは?

多発性硬化症とは、脳や脊髄、視神経に、

病巣が出来る病気のことです。

 

また、症状が再発したり、

寛解(かんかい)という、症状が治まったりを繰り返すのも、

この多発性硬化症の特徴です。

 

多発性硬化症になると、

神経細胞同士の情報伝達をしている、

軸索(じくさく)と呼ばれる突起が、

炎症を起こして破壊(脱髄)されます。

 

この脱髄(だつずい)が起こると、

神経細胞の情報伝達が上手くいかず、

麻痺したり、しびれたりするのです。

 

多発性硬化症の症状は?

多発性硬化症の症状は、

色々とあるのですが、おおまかに分類すると、

目や脊椎、脳にそれぞれ分かれます。

 

まず、目にある視神経に異常をきたすと、

視力の低下や視野が狭くなる、

目が痛いなどの症状が出てきます。

 

次に、脊椎の症状は、

手足が麻痺したり、しびれたりします。

 

場合によっては、

手足に持続的な痛みと同時に、硬直することも。

 

また、排尿や排便の障害などもあるので、

注意が必要です。

 

最後に、脳の症状として、

言語障害や顔のしびれ、

抑うつなどの精神的な症状が出たりします。

 

このように、意外と重い症状まであるのが、

多発性硬化症です。

 

多発性硬化症の原因は?

多発性硬化症の原因の詳細は、

未だに分かっていません。

 

しかし、大まかな原因として、

自己免疫機能であるリンパ球が関係していることは、

分かっています。

 

リンパ球は、本来ウイルスなどの外敵と戦い、

体を保護する役割を果たします。

 

ですが、リンパ球が何かの理由で、

自分の細胞を誤って攻撃してしまうのが原因です。

 

多発性硬化症の再発までの期間は?

多発性硬化症の再発までの期間は、様々です。

ある人の例では、1ヶ月で再発した場合もありますし、

他の人の例では、5年以上、再発しない人も居ます。

 

また、症状の重さも決まっているわけではなく、

ひどい場合では寝たきりになることもあるそうな。

(勿論、そうならないために症状を軽くする予防策はあります。)

 

多発性硬化症の予後は?

多発性硬化症の予後は、どのようになるのでしょうか?

 

再発と同様に、予後についても、様々なようです。

 

例えば、ある方の例では、

半年ほどで落ち着いて病院から出た後、

1か月後に目眩がして、病院に戻った人も居ます。

 

ひどい例では、ある方は10年後、

寝たきりになる人も。

 

逆に、最もいい例では、

再発と寛解を一応は繰り返しているけれど、

あまり症状が再発せず、

健康のまま寿命を迎える人も居ます。

 

予後を見る限り、やはり多発性硬化症で注意すべき点は、

再発しても後遺症を残さないことです。

 

例えば、無理して仕事や家庭を優先してしまい、

取り返しの付かない後遺症を抱えてしまう例も、結構ありました。

 

そうならないためにも、再発回数を減らし、

病気の重さを軽減する必要があるでしょう。

 

この多発性硬化症の治療のために、

よく用いられる方法は、薬での治療です。

 

まずは、インターフェロンというお薬があります。

 

インターフェロンは、

多発性硬化症の再発回数を減らし、

再発しても症状が重くならないようになるそうです。

 

ですが、もともと使用用途が違いますので、

場合によっては風邪の症状が出たり、

抑うつ状態などの精神的な症状が出たりします。

 

また、治療費も掛かりますので、

この辺りはしっかり理解した上で、

相談した方がいいでしょう。

 

他にも、最近では、イムセラやジレニアといった、

1日1回のカプセル状の経口薬も、

出てきているそうです。

 

コチラにも、飲みやすい反面、デメリットがあって、

多発性硬化症の場所によっては(視神経や脊髄の場合)、

効果が期待できないことも。

 

この辺りを理解した上で、

お医者さんと相談して、

しっかりと病気と向き合ってくださいね。

 

それでは、お大事に。