積乱雲がもたらす被害とは?超巨大積乱雲もあるの!?

夏になると見かけるようになる、積乱雲。

入道雲とも呼ばれていますが、

今回はそんな積乱雲の詳しい話について、

書いていきます。

 

積乱雲とは?

積乱雲とは、強い上昇気流によって、

縦方向に著しく発達した雲のことを指します。

夏によく見かける入道雲も、

積乱雲です。

 

ちなみに、気象学的には線引もぼんやりとあるようですが、

この辺りはとても曖昧だったので、省略します。

 

簡単に言うと、気象が荒れないものも含めて、

入道雲と言うそうな。

 

積乱雲がもたらす被害とは?

積乱雲がもたらす被害とは、

どういったものがあるのでしょうか?

 

ひとつは、雨による被害です。

今年も、ものすごい雨量で、一時高架下が塞がるほど、

雨が降ったこともありましたよね。

 

あのようなゲリラ豪雨も、積乱雲の影響なのです。

 

また、2014年の6月に、

東京の三鷹市で、大量の雹(ひょう)が降りました。

 

あのひょうも、積乱雲が原因となっています。

また、つくば市を襲った竜巻は、

実は積乱雲によるものだとされています。

詳しくは事項にあるスーパーセルという巨大積乱雲が、

回転上に発達するため、

巨大竜巻として発展するのだとか。

 

確率としては小さいものなのですが、

起こってしまうと甚大な被害を及ぼします。

 

超巨大な積乱雲!?

超巨大積乱雲なるものがあるそうな。

それがこの、スーパーセルという雲なのだとか。

 

百聞は一見にしかずということで、

まずは動画をご覧ください。

・・・もはや積乱雲ってこんなものだったっけ?

と思ってしまうような、凄い雲ですよね(汗)

 

スーパーセルとはこのように、

縦回転のサイクロンが持続している、

雷雲のことを言うそうです。

 

発達は積乱雲と同じなのですが、

でかくなると結構怖いですね。

 

調べてみると、積乱雲は意外と、私達の生活に、

天気で影響を与えている存在のようです。

 

とはいえ、天気が荒れない積乱雲もあるので、

難しいところですけどね(笑)