暑気払いとは?時期はいつからいつまで?麦茶が良い!?

この時期、良く聞く単語として、

暑気払いというものがあります。

 

といっても、暑気払いって具体的にどういうものなのか?

わからない人も多いようです。

 

そこで今回は、暑気払いについて、

一体どういうものなのか?

詳しく調べてみました。

 

暑気払いとは?

暑気払いとは、簡単に言ってしまうと、

「暑さを払いましょう」ってことです。

言葉のままですね(笑)

 

熱いとどうしても、

バテて弱った状態が続きます。

 

その弱った状態から、暑さを払って、

「元気を取り戻そう!」という意味合いが込められています。

 

それで「昔の人達はどうやって暑さを払ったのか?」

というと、お酒や薬、食べ物、川遊びなどを、

行っていたようです。

 

現代ではその内の飲み会だけが、

残っている状態です。

 

なので、現在、一般的に暑気払いというと、

「夏に行われる“宴会”のこと」を指します。

 

時期はいつからいつまで?

先ほども書きましたが、暑気払いというのは、

季語にはなってますが、

季節を明確に区切るための単語ではありません。

 

そのため、暑気払いが、

いつからいつまでといった明確な定義はありません。

 

しかし、あえて定義を作るとしたら、

6月の梅雨の時期から、8月の立秋前までが、

よく言われている定義のようです。

 

つまり、梅雨と盛夏の時期が、

暑気払いとされているようです。
ただし、

あくまで「暑さを払おう!」と行ったものなので、

立秋を過ぎても十分熱いですし、

残暑を敢えて使わずに暑気払いと言っても、

問題ないでしょう。

 

暑気払いの甘酒!?

あなたは、甘酒と聞くと、

どのようなものを想像するでしょうか?

 

おそらくですが、温かいものであったり、

秋や冬に飲むものだと思いますが、

実はそうではないようです。

 

というのも、甘酒は元来、

夏の季語として使われるほど、

夏に好んで飲まれたものです。

 

江戸時代には、幕府も夏の暑気払いとして、

甘酒を飲んでいたそうな。

 

私達にとって冷やした甘酒と聞くと、

ちょっと抵抗がありますが、意外とそんなことはなく。

 

飲んでみると、さらっとしたのどごしで、

非常に飲みやすいものでした。

 

しかも、ブドウ糖やオリゴ糖、

ビタミンB群、アミノ酸が豊富に含まれており、

その栄養価の高さゆえに、

「飲む点滴」と呼ばれていたほどです。

 

あと、甘酒と言ってますが、

アルコールは含まれていませんので、

お子さんでも気兼ねなく飲むことが出来ますよ。

この夏の暑気払いに、一杯いかがでしょうか?

 

 

暑気払いに麦茶?

暑気払いとして、麦茶が紹介されたようですね。

 

麦茶は、平安時代に登場し、

江戸時代に屋台で飲まれていたそう。

 

ミネラルや食物繊維が豊富な上、

体のほてりを取る効果もあるので、

夏にオススメのドリンクですね。

 

また、カフェインも入っていないので、

乳幼児などのお子さんでも、問題なく飲めます。

 

暑気払いとして、活用してみてくださいね。